家と庭で「家庭」。


朝から施主さんと工務店さんと現場打ち合わせ。 岐阜に本社があるこの工務店さん、山も持っていてそこから切り出した木材を惜しげなくも使う。 外構で必要な木材も用意します、と有難いお言葉。 こちらが意図するプラン内容に合わせて、建築の設計図を若干変えてもらったりと願ったり叶ったり。 こういった形が、本当の意味で“家(建築)”と“庭(外構)”が有機的かつ機能的に繋がって、楽しい「家庭」環境を提案できるモデルとなるんだろうね。 この様な工務店さんと一緒に仕事ができるなんて、ラッキーです。


SURF DAYS

アーカイブ