Copyright © ウチダ ケイスケ

January 30, 2019

ここのところ、篠山に行っても八百材舎の仕事に集中できません。

故に、事業を始めたは良いけど、販路開拓もスタッフへの仕事配分もままならない感じ。

まあ、地域おこし協力隊のコーディネート業務がどうしても篠山では中心になってしまうので、なかなか時間を割けずにいて、ちょっとイライラも募っちゃう。(自分に対してね)

そんな協力隊コーディネート業務も、今年度(あと2ヶ月)で終わるんだけど、ぶっちゃげ言うと、人の世話をするよりプレイヤーでいた方が合ってるんだな、と実感した2年間でした。

もちろん、協力隊の子達が成長するのを見るのは楽しいし、何と言っても彼...

January 29, 2019

New Order 「True Faith」。

アメリカ時代全盛の、自分の青春に胸苦しんだ時期の曲。

今聴いても、きゅんきゅんする。

でもこの人たち、ライブはすこぶる下手 笑。

January 29, 2019

昨日今日と、淡路景観園芸学校でインストラクターをしていた時代の教え子と共に、神戸の花隈にある神戸自由学院のガーデンを、生徒さんたちと一緒にリノベしてきました。

教え子は現在、「暮らしと植物」という屋号で岡山県を中心に活躍していて、気がつけば自分の施工現場も手伝ってもらったりしている、なんとも頼もしい相棒になっています。

神戸自由学院さんとは、もうかれこれ10年以上の付き合いになりますかね。

特に何かを一緒にやったわけではないのですが、校長先生の田辺先生やスタッフの竹林(通称:ちくりん)さんは何かとミドリカフェに遊びに来てくれたりしてくれて...

January 28, 2019

先週末、篠山で「30年後の森を描く研修会」で、実際に森づくりをイメージするのと、その想いを伝えるための商品イメージの洗い出しをしました。

今回は、自分が講師担当だったわけですが、いやーなかなかの経験でしたね。

普段、緑・庭系のワークショップをする時、参加者層は大体30歳代前後が多いのですが、今回はほぼ60代歳前後。

「30年後を想像してください」といっても、ピンと来ないみたいで、最初のうちはなかなかディスカッションが進みませんでした。

現状を嘆き、他人のアイデアを斜め目線で否定してみたり、とよくあるパターンな感じの雰囲気になるのですが、その...

January 25, 2019

去年の11月頃から、篠山にある東雲高校の授業の一環で、リノベされた廃校(旧福住小学校)に前庭をつくるワークショップを行いました。

全部で、6、7回くらいしたかな?

現状を調査して、解析して、プランニングして、施工するまでの一通りの流れを、1回2時間という枠内で振り分けながらやりました。

もともと、ツツジやらヒイラギの整形された樹木が立ち並ぶ場所を、みんなで一生懸命抜根して、整地しての大作業。

みんな、ひたすらもくもくとやってくれました。

今回のプランは、ほぼ9割生徒さんがプランした内容を反映させました。

あえて自分の主張は入れ込まず、最後の微修...

January 23, 2019

one of them にならないこと。

昨日、久しぶりにとある友人たちとご飯を食べました。

高校生の時からミドリカフェに通ってくれてたN君と、そのN君が去年入社した会社の上司Mさんは、自分も森関係の仕事でいろいろお世話になっている人。

いやー、感慨深かったですね。

高校生だったやんちゃな子が、今は自分と一緒に仕事をしている友人の会社に就職している。

時の流れを感じます。

入社一年目とあって、いろいろ悩みも多いみたいですね。

自分のやりたいことと、組織の一員としてやらないといけないこと。

そのバランスを取ること。

自分の場合、職人たち(造園の設計デザ...

January 22, 2019

現在5つの業務を請け負いながら、合間を縫って八百材舎やバイオマス丹波篠山さんのサポートをしているわけですが、去年の11月からバイオマス丹波篠山さんとの共同企画(主催は兵庫県丹波県民局)で、「30年後の森を描く研修会」というのを運営しています。

今まで、篠山の二次林と丹波の人工林の現状を学び、生産・流通過程の一つである原木市場を見学しました。

そして今週の土曜日が、自分担当の「30年後の森のプランづくり」。

これが非常に悩ましいです。

というのも、参加者(地元の方々)の年齢層が結構高めなのと、どう今までの流れを今後のプログラム予定の「商品開発...

January 19, 2019

関わる事で良し、としないこと。

ここ数年、とある事業を通じて「地方創生」とか「地方活性」の名の下、いろんな取り組みやプロジェクトを間接的にだけど見てきました。

その中でやっぱり思うのは、成功している案件はほんの数例で、あとは補助金をだぶだぶに使ったり、地域の資源や人材を使うだけ使っただけのような、消費し尽くされたような抜け殻だけのもの。

つまり、「関わる」ことが「成果」として扱われていること。

結果、引き継ぎもまともにせず、その後のモニタリングやマネジメントすら行わず、取り残されている人たちや資源・商材などを多く見てきました。

また、メディア...

January 18, 2019

本物の「世界の終わり」。

このライブで、ロックンロール・バンドと言われたものも終わったような気がする。

一度、ライブ行きたかったなー。

January 17, 2019

パソコン内の、過去の写真データの中から懐かしいのが一枚出てきたので。

パタゴニア・スタッフの岡田さん。

自分みたいなチャラチャラした波乗りでなく、バリバリゴリゴリのサーファー。

ミドリカフェとパタゴニアさんとの付き合い、結構長いんです。

あれは確か8年前ほど、当時岡本にあったミドリカフェに、スタッフの女性が遊びに来てくれたことが始まりでした。

ミドリカフェとして自分たちが、マクロビとかオーガニックとかスローとかに、少し疲れ気味な時期だった頃でした。

遊びに来てくれた彼女(スタッフさん)の奔放な生き方の中にも、ちょっとした自然に対する哲学みたいな...

Please reload

SURF DAYS

コトノハ#2

January 10, 2019

1/8
Please reload

アーカイブ

Please reload

カテゴリー

Please reload

  • Black Houzz Icon
  • Black Instagram Icon

kay

uchida