Copyright © ウチダ ケイスケ

March 18, 2019

3月が慌ただしく過ぎていきます。

八百材舎関連、そして地域おこし協力隊関連の仕事が重なり、気がつけば2日に1度のペースで篠山を訪れています ^^;

そんな中、先週の12日から14日に前回テレワークで使わせいただいた、丹波の農家民宿「三井庄の里」さんにお世話になりました。

使い勝手も大分慣れたおかげで、安心してスムーズに今回も利用させていただきました。

田舎暮らしをしながら、仕事もする。

大事なのは、自分の身の周りの環境だなって、つくづく感じます。

朝起きて、ウグイスの鳴き声が聞こえ(都会ではカラスのダミ声)、カーテンを開けば里山がデーンと聳える...

March 17, 2019

先日、田中製材所の田中さんと、ワンダーポケットの泉さんが八百材舎へ遊びに来てくれました。

こういった木材関係の方や、インテリアデザイン関係の方が、川上(山側)の現状に興味を持ってくれることは、本当に嬉しいことです。

何かを一緒に動かすのも大事だけど、まずは背景を伝えて、噛み砕いてもらって、消化してもらうことも大事なんだろうな。

その後に、誰に対して、どうやって翻訳していくか、そこもまた大事。

翻訳する。

ここ数日の、自分にとってのキーワードになっています。

HASEのオープンサロン化計画も、この「翻訳」が鍵となりそうです。

ところで、田中製材所の...

March 9, 2019

ちょっと間があいてしまいました。

自分を取り戻すために、ちょっとここ数日間の振り返りを。

5日(火)

篠山にて午前中に請求関係の書類整理と八百材舎での視察対応。

午後は地域おこし協力隊コーディネート引き継ぎのための書類整理と丹波県民局への企画書作成。

6日(水)

KOBE CHIPで補助を受けた小規模事業者継続化事業の報告書対応と確定申告の作成、その後篠山福住小学校の跡地改修工事の審査用資料の作成。

夜は八百材舎のスタッフMTGと、本町で春にスタートするコンセントカフェの内装打ち合わせ。

7日(木)

早朝より協力隊の定例MTG。そのまま神戸大-篠山市...

March 5, 2019

先週の土曜日に、「30年後の森を描く研修会」が最終回を迎えました。

今回は、前回に出たアイデアを Natural Back Yard の足立さんに試作してもらい、加工過程での技術的な課題やコストの算出、そしてブランディングなどのノウハウを教えていただきました。

今回の研修会の着地点は、プロトタイプまでつくるということで、研修会後も協力してもらっている神戸芸工大の学生さんたちと打ち合わせ。

方針的に、デザートナイフとサラダ用ナイフで商品化してみることに。

ただ商品化されるだけでなくて、材料の出所(GPS+QRコード)が分かったり、森づくり基金...

March 2, 2019

実は三日前から、丹波市でお試し移住しながらのテレワークをしています。

仕事自体は、いつもの協力隊コーディネート業務と八百材舎の業務。

この移住体験は、丹波で移住定住の促進事業や空き家バンク的な動きをしている中川ミミさん。

以前、ミドリカフェで丹波関連のイベントを主催されていたことがあっての縁で、声をかけていただきました。

お世話になっている宿は、農家民宿を営む「三井庄の里」さん。

 1組限定の民宿なので、ゆっくり過ごせながら仕事もこなせます。

場所は丹波市の春日にあって、八百材舎のある西紀地域から車で15分くらいで、周りが里山で囲まれたとても美...

February 27, 2019

先日、自分が木材コーディネーター養成基礎講座でお世話になったNPO法人サウンドウッズが主催するワークショップに参加してきました。

講師は、師匠の能口さん。

フィールドは、前回もパタゴニアのスタッフの方々と一緒に案内していただいた、丹波の五台山。

ほぼスギ・ヒノキの人工林。

前回訪れたのは数年も前の話で、台風による土砂災害が発生する前だった。

能口さんのお話は、いつも会うたびにどんどんマニアック化(進化)していってますね。

発想を変えるというか、今までの林業のあり方を根本的に覆す(元に戻す?)というか。

いやいや、感心させられっぱなしでした。

間伐や...

February 25, 2019

先日、姫路にて「地域課題×エネルギー実践スクール」なる講座に参加してきました。

テーマは、“持続可能な地域づくりの鍵となる資金循環のしくみ”について。

講師は龍谷大学政策学部の深尾先生。

参加者に学生さんも多かったせいか、とても分かりやすく説明くださいました。

今後、篠山で木質バイオマスタウン構想を進めるにあたって、ドンピシャの内容でした。

一番苦労するし、苦手としている分野がまさにこれ。

本当に、良いアドバイスをいただいたような気がします。

講義の中で印象深かったことは、今後の社会的投資は経済面での収益だけでなく、社会的な利益を求められるという...

February 22, 2019

篠山にある八百材舎のヤードに、現在簡易倉庫をつくっています。

工事担当は、もはや自分の仕事には欠かせなくなってきた合田さん。

頼もしい限りです。

倉庫自体、ヤードが農用地なので壁はつくれないんだけど、しっかり屋根はつけます。

その中に、製材機を置いて、雨で濡れて困るような資材なり商材もストックします。

本当にゆっくりなのですが、理想のベースに持っていけるように、地道につくり続けています。

八百材舎の仕事に集中しきれない自分の環境を見直し、今月末から知人に紹介された「丹波テレワークお試し移住」というのを体験させていただくことにしました。

3月末にか...

February 20, 2019

今日は、HASE65 ver3.0 に向けた打ち合わせ会議を午前中に。

コアメンバーに、IT関係、場(コミュニティー)づくり関係、大学の先生、製材所や塗料メーカーの方々も加わって、だんだん話も具体的になってきました。

「山から暮らしへ」をコンセプトをそのまま残し、会員制によるオンラインとオフライン(HASE)をサロン的に運営。

流石にいろんな専門の方をメンバーに入れると、いろんな学びになるもんですね。

もう既にサロン化してるような感じ。

場(コミュニティー)づくりプロの渡邉さん(FIRE PLACE)からいただいた言葉が重かったな。

居心地のい...

February 19, 2019

先週末に、「30年後の森を描く研修会」5回目の講習を行いました。

今回の講師は、神戸芸工大のプロダクトデザイン専門の曽和先生。

1回目と2回目に、それぞれ篠山の広葉樹林と丹波の人工林を視察・プロットしながら現状の課題を共有し、3回目に原木市場を視察し流通の現状を学び、そして前回の4回目では自分担当で「30年後の森づくり」のイメージづくりを行いました。

そして今回は、その想い(イメージ)を形にするための「プロダクトデザイン(商品開発)」を考えるワーク。

ここで出てきたアイデアは、篠山の Natural Backyard さんと神戸芸工大の学生...

Please reload

SURF DAYS

コトノハ#2

January 10, 2019

1/8
Please reload

アーカイブ

Please reload

カテゴリー

Please reload

  • Black Houzz Icon
  • Black Instagram Icon

kay

uchida